Features

特徴

「リアルタイム3DCGコントロールシステム(R3/アールスリー)」の特徴

現在の3DCGコンサートの主流

事前に観客の反応を予測して映像を作成し、生演奏は映像に合わせて行う。

「R3」の場合

その場でリアルタイムにキャラクターの動きや歌声を操作し、観客の反応や生演奏のタイミングにあわせてキャラクターを動かせる!

「R3」の使用イメージ

生演奏のコンサート(バンド・オーケストラ・合唱など)
インタラクティブなイベント展示
来場者に反応するテーマパークの特設イベント
日によって変化するアート作品の展示
など

Use Cases

システム使用事例

  • 冨田勲「イーハトーヴ交響曲」

    冨田勲「イーハトーヴ交響曲」

  • 冨田勲「ドクター・コッペリウス」

    冨田勲「ドクター・コッペリウス」

  • BUMP OF CHICKEN「ray」

    BUMP OF CHICKEN「ray」

  • 雪祭初音鑑 in SNOW MIKU 2014

    ベートーヴェン「第九」演奏会

冨田勲×初音ミク「イーハトーヴ交響曲」

オーケストラ・合唱と3DCGの初音ミクのリアルタイム共演を実現させた演目。この演目を実現化させるために「R3」が誕生。複数のMIDIトリガーを操作し、そのテンポデータをマスター信号として駆動させている。マスター信号を受取った発音装置が初音ミクの歌唱を実行し、同じ信号を受け取ったアニメーション装置が舞踏を実行。様々な楽曲シーンで、指揮者の指示するテンポ変化・揺れ・加減速に対応できるよう、オリジナルデータとの差異を収束する機能を持たせている。

▼使用オプション

冨田勲「イーハトーヴ交響曲」公式ページ

冨田勲 追悼特別公演 冨田勲×初音ミク「ドクター・コッペリウス」

「R3」により、3DCGの初音ミクとオーケストラ、バレエダンサーの共演による公演を実現。可変する楽曲テンポにヒューマンクロックで追従させることで、バレエダンサーと息を合わせた初音ミクの歌唱・舞踏を可能とした。同公演のために、3Dホログラム投影装置〔ビーマーベィビイ®〕と、3次元可動式スクリーンシステム〔アステロイダー®〕を開発。新たな舞台装置開発により、未知なる空間演出も実現。

▼使用オプション

冨田勲「ドクター・コッペリウス」公式サイト

BUMP OF CHICKEN「ray」

アーティストと初音ミクのコラボレーション楽曲のプロモーションビデオ収録で「R3」を使用。現実空間でコラボレーションすることにより、後付の映像合成にはない、リアルな共演シーンの映像化を実現。同共演のために、モーションセンサー搭載の実写カメラで視線(位置)情報を測定し、追従してCGキャラクターを移動させる〔カメラワーク〕システムを開発。また、投影用スクリーン〔R3フィルム〕も円筒形に加工。実写カメラに合わせて、意識的に動くかのような初音ミクの姿を実現した。さらに、音声マスター機でのCGキャラクターのコントロールを可能とした。

▼使用オプション

ベートーヴェン「第九」演奏会~世界に広がれ!「とくしま“歓喜の歌”プロジェクト」~

「R3」により、初音ミクとオーケストラ、そして2,000人の合唱とのリアルタイム共演を実現。サプライズでの初音ミク登場のため、映像投影装置として、霧に映像を投影するミストプロジェクションシステム〔Thru Graph〕を採用。生演奏との共演だけでなく、何もない場所に突然現れるという、驚きの演出を実現させた。

▼使用オプション

Basic functions

基本機能

  • ボーン直叩きMIDI制御

    ボーン直叩きMIDI制御

    モーションデータをMIDIデータに変換。DAWから3DCGモーションのボーンを直接コントロール。

  • フェイシャルMIDI制御

    フェイシャルMIDI制御

    歌詞に合わせたリップや、表情の動きをMIDI信号でコントロール。

  • モーションスイッチ

    モーションスイッチ

    元モーションを上書きしてもリズムが崩れない、高精度なリアルタイム物理とスムージング機能を搭載。

  • モーションレゾネーター

    モーションレゾネーター

    複数のモーションを合体し、小さな動きから極端にピークが強調された動きまで、そのブレンド率で動作のダイナミクスを制御。

  • パーツ割込み

    パーツ割込み

    収録されたモーションに、腕だけや足だけの動作を部分割込みさせ、踊りながら手を振るなどの動作をリアルタイムにアディション。

  • リアルタイムオプティミゼーション

    リアルタイムオプティミゼーション

    X軸Y軸ストレッチや、時間軸の自動アクラセラレーション機能で、過酷な現場条件もリアルタイムで解決。

Option

オプション

「R3」と合わせての他、単体でのご利用も可能です。

投影装置

機能・サービス

Other technical development

その他技術開発

上記以外の技術開発にも対応可能です。